委員長 大川 俊泰

1.基本方針

1.基本方針
まつりは地域に住む人々の結束力と郷土愛を高め、多くの想いが集まることでまちを活性化する力となります。長岡まつりにおいても慰霊と一層住み良い新長岡建設の願いを込めて始まり、驚異的な復興発展を遂げる原動力となってきましたが、その本来の意義は時代の変化とともに薄れつつあります。まつりを継続してきた意義を再認識し、先人たちの志を受け継ぎ、明るく活気ある未来を見据え、市民と共に参画していく必要があります。
まずは、各地域のまつりにおいて、協力団体との関係を深め、地域間交流していくために、地元の方々や来場者と共に、地域の特色や季節の魅力に触れ、笑顔と活気を与えられるように積極的に参加します。そして、県内有数の観光コンテンツである長岡まつりをさらに活用してまちを活性化していくために、あらためて原点を学び、先人たちの志を受け継ぎ、現状を検証したうえで必要とされるものを模索し、地域全体でまちを盛り上げていける事業を提案発信します。さらに、戦災殉難者への慰霊の想いと長岡への想いを共有してもらうために、復興祭の起源を伝え、参加した市民の目線に立った事業を展開するとともに、長岡市内外各地の団体とこれまで築き上げてきた連携を活かし、8月1日の長岡まつりにおいて厳粛かつ盛大に事業を実施します。また、次世代を担う若者が、まちづくり運動に参画していける人財に成長してもらうために、持ち前の元気を精一杯発揮して、一緒に活動する仲間たちと力を合わせる楽しさや、事業達成の感動を共有できるよう、事業構築や運営方法を伝えサポートします。
一人ひとりが活動の意義を考えながら行動し、人と人とのつながりを大切にするとともに、自らの行動に自信をもって、未来の長岡を明るく活気のあるまちへと牽引していける人財となり、長岡のまつりを盛り上げ、地域全体で長岡を活性化していきます。

2.年間スケジュール

長岡のまつり活性化委員会年間スケジュール

3.会員拡大方針

 入会候補者にJCが行っている活動の内容や意義を伝えるとともに、活動を通して助け合うことでメンバー同士の絆が生まれることや、自身の成長にもつながることを伝え、3名以上の会員拡大を行います。

TOPに戻る