委員長 野上 修佑

1.基本方針

 長岡JCは、時代の変化に対応し会議手法・諸規定について、研究を深め研鑽を積み、引き継ぐべきものは引き継ぎ変革を重ね、明るい豊かな社会の実現を目指し運動を展開してきました。情報化が進み、急速に変化を続ける現代社会において、これまでの伝統を引き継ぎながら、慣習や習慣に囚われることなく、時代に合わせ、未来へと繋げていく議論を重ね続けていく必要があります。

 まずは、長岡JCが、さらに盤石な組織となるために、委員会メンバーが会議手法、諸規定を学び、LOMの規範となって各委員会の運営を支援します。そして、対外に向けた情報発信の成果を高めるために、各メディアへの理解を深め、継続的な広報活動を行います。さらに、会議の場をより活発な議論、意見交換の場とするために、各種資料の事前提出徹底を図り、事前精査の機会を設けます。また、総会・理事会の場を、事業の成果をより良いものとする白熱した議論の場とするために、自らの意思表示が未来を決定する責任と重要性を伝え、参加率の向上を図り、円滑に設営、運営します。そして、新体制の下、メンバーが足並みを揃え年初の一歩を踏み出すために、新年例会を執り行い、活動に対する目的意識を高め一年のスタートとします。さらに、日本JCが実施する運動への理解を深めるため、サマーコンファレンスに参加し、自己の成長を図り、互いの絆を深め合う機会とします。また、これまでの活動の功績を次代へ繋ぐために、厳粛に理事長引き継ぎ式、卒業生の門出を祝う卒業例会を執り行い、一年間の締めくくりへと向かう節目とします

会議所の本質を学び、人と人の関わり方に向き合った委員会メンバーが、会議運営の基軸となる人財へ成長し、様々な議論を循環させ、未来へ繋がる会議手法と仕組みを確立した、長岡JCは未来においても情熱に溢れ、地域に輝き続ける強靭な組織となります。

2.年間スケジュール

総務広報委員会スケジュール

3.会員拡大方針

 共に学び、互いに切磋琢磨していける仲間と出会える学び舎としての長岡JCの魅力を伝え、地域社会を牽引していく活動を通して自己成長へ繋げる志を持った人財を4名以上拡大します。