委員長 平石 優介

1.基本方針

 少子化や人口移動により約半数の自治体が消滅可能性都市になると言われる日本において、長岡市は1995年を境に人口減少が続いており、自ら未来を切り拓く活動に重きを置いて活動していくべき状況にあります。我々、長岡JCは、関係諸団体と連携しながら、長岡ならではの魅力を発揮させて、誰もが郷土愛を抱ける希望に満ち溢れた長岡を目指して能動的に活動を行っていく必要があります。

 まずは、長岡JCが関係諸団体、先輩諸兄の皆様と、未来へ向けて連携を深めるために、2018年度の方針を共有し、一丸となって歩みだす盛大な門出を創ります。そして、長岡JCメンバーが誰もが誇れる長岡の創生へ向けて能動的に活動していく意識を高めていくために、歴史、文化、風土など長岡の誇るべき独自性を活用して未来を切り拓く方法を学ぶ機会を創ります。さらに、長岡を「住み続けたい、戻りたい、移住したい地域」として定住人口を増加させるために、未来を担う世代と連携して人生の岐路に立つ方々に長岡で生活する意義を感じていただき、長岡の魅力と現状を伝え、これからの地方創生に繋がる手掛かりを創ります。また、市民の皆様と共に長岡の多様な魅力を確立し、市内外に広く理解していただくために、長岡の歴史、文化、風土を活用して、人と人が繋がり合い長岡の魅力を発信できる空間を、行政、関係諸団体と連携して創ります。そして、東京オリンピック・パラリンピックを契機に、誰もが希望を抱き、夢を叶えられる共生社会を築くために、夢の実現を身近に感じられる体験の機会を創ります。

 まち創り委員会メンバーは、郷土愛と誇りを糧に自ら未来を切り拓ける人財となり、市民の皆様と共に確立した長岡独自の魅力を確固たるものとして、誰もが長岡の誇りを胸に抱き、明るい豊かな未来を描ける「希望に満ち溢れた長岡」を創り上げます。

2.年間スケジュール

まち創り委員会委員会年間スケジュール

3.会員拡大方針

 入会候補者に、長岡の未来を創り上げていく活動を通じて互いに切磋琢磨し成長できる場として長岡JCを伝えて語り合うことで、4名以上の会員拡大を行います。