一般社団法人長岡青年会議所

VANGUARD〜先駆けの精神と不変の志が生み出す新たな価値の創造〜
ホーム > 2017年度一般社団法人長岡青年会議所 総務委員会事業計画

総務委員会事業計画

委員長 今泉 知久

1.基本方針

 一般社団法人長岡青年会議所(以下、「長岡JC」とする)は、これまで時代の変化にあわせて、継承すべきは継承し、変えるべきは変革してきました。今以上に円滑な事業構築が行えるように、総務委員会は長岡JCが培ってきた基礎と基本を見つめなおし、ルールに則った寛容性の中で自由と多様性を持ち、活力に溢れる外柔内剛の組織作りを行う必要があります。

 まずは、総務委員会が運営の基盤となるために、総務委員会のあるべき姿を議論し、共に学び自らがLOMの規範として剛の担いを理解しメンバーへ伝播します。そして、新体制の下、組織が一枚岩となるために、一丸となって新年例会を執り行います。さらに、厳粛に理事長引継式を行い卒業生の功績を讃えるために、心を込めて卒業例会を執り行います。また、最高議決機関である総会や業務執行決定機関である理事会では、各委員会の事業がより大きな成果を地域社会およびメンバーにもたらすために、円滑に設営、運営いたします。そして、正副常任会議、理事会が活発な議論を行う場とするために、事前に審査会を設け、各種資料の提出の徹底を図り、より強固で実直な組織作りを行います。さらに、各委員会がより活力に溢れた円滑な事業構築を行うために、柔の担いとして総務委員会が他の委員会に赴き、事業構築をサポートし、担当委員会が新たな視点を持てるように力を合わせていきます。また、メンバーから集めた時間と労力をより効果的に運用するために、委員会運営などを見直し、改革すべきことは改革しLOMの発展に繋げていきます。

 自己の使命を理解した総務委員会が、各委員会と共に歩みを進め、溢れる活力が長岡JCをさらに前へと後押しし、外柔内剛の組織となった長岡JCは、先駆けの精神と不変の志を併せ持った組織へと昇華し、より強固な組織基盤を確立します。

2.年間スケジュール

総務委員会年間スケジュール

3.会員拡大方針

 我々総務委員会メンバーが青年会議所という組織を通して、未来をしっかりと見据えた行動を起こすことができるJayceeを一人でも増やしていくために、我々は新入会員候補者がどう変わりどのようなビジョンを将来考えることが出来るのかをしっかりと説明し、誇りと情熱をもって入会できる環境を整え、長岡JCの力となる人財を3名以上拡大していきます。

  • 絵本「みんなで上げようフェニックス!」動画
  • SOYが〜て枝豆
  • 語り継ぐ「8月1日」
  • 長岡市制100周年合併記念事業
ゆめ100戦士ソイガイヤーブログ
  • 長岡神輿協議会シンボルマーク募集
  • 公益社団法人 日本青年会議所
  • 公益社団法人 日本青年会議所 北陸信越地区協議会
  • 公益社団法人 日本青年会議所 北陸信越地区 新潟ブロック協議会